「常識は偏見のコレクション」

今日はなんだか、かっこいいことを書きたい気分なので

なんとなく、それとなくかっこいいことを書いてみたいと思う。

タイトルは

「常識は偏見のコレクション」

 

なんだなんだこれは。なんかかっこいいいいいいいいい!

これは、僕が大切にしている言葉の中の一つ。

 

では、つらつらと自分に泥酔しながら書いていきたいと思う。

常識という言葉はみんなよく耳にするだろう。

人間関係を形成するうえで割とマストなものだと僕は捉えている。

 

「常識で考えてみればわかるだろ」

「常識知らずだなあ」

「非常識な奴だ」   、、、etc

 

まず常識ってなに?

そうだ! wikipedia 大先生に聞いてみよう。

社会の構成員が有していて当たり前のものとしている。社会的な価値観、知識、判断力のこと。[要出典]また、客観的に見て当たり前と思われる行為、その他物事のこと。対義語非常識(ひじょうしき)。社会に適した常識を欠いている場合、社会生活上に支障をきたすことも多い。社会によって常識は異なるため、ある社会の常識が他の社会の非常識となることも珍しくない。これは文化摩擦などとして表面化することもある。   (Wikipedia参照)

 

ということらしい。

そこでタイトルの「常識は偏見のコレクション」

僕が今日もっとも言いたいことはこれだ。

常識は人によって全くもって異なるものだということ。

日本では、靴は玄関で脱いで、室内に。

海外では、土足で室内に。もしくは、家という概念もねえ。

島で自然と暮らすなんたら民族とか。

ジャンプ力の高いめっちゃ目がいいアサイー族?だっけ?

それはあれかなんか栄養素が高いおしゃれ感だすやつか。

そうそう、マサイ族だ。思い出した。

 

あげればキリがない。いやそれは日本と海外を比べてるからじゃん。

でもそうでもない。

 

日本だとすると、

朝ご飯は絶対食うぜ。オラッどやっ。

朝から起きてすぐ飯なんか食えねえよ、ばか。

っていう感じに分かれてたりする。その他諸々あるとおもうけど、とりあえず。

 

そう、結局、常識なんて、育ってきた環境や、時代、文化、宗教、、、etc

いろんなことに起因して自分で勝手に作り上げた

いわば、偏見のコレクションだ。ってこと。

 

だからみんなが納得する常識なんてねえんだ。おそらくね。

でもこんな当たり前のことを考えない人が多いように感じる。

 

唯一、みんなが持つべき常識はこれだと思う。

⑴常識は人によって必ず異なること。

⑵世間一般的に言われる最低ラインの常識が存在する。

⑶それを自分が所属する集団(日本)では重く考える人が多くいるということ。

 

この3つを理解出来たら、ある程度、無理な常識の押し付けは避けられる。

もし、無理な常識が自分に向かってスライディングタックルしてくることがあってもさらりとジャンプしてかわし、折り合いをつけることができる。

上司からのパワフル常識ローリングスプラッシュアタックに、この一年間

悩んだ社会人の方に届くといいなあ。

 

さあさあ、みんな気楽にしっかりニコニコ生きていきましょう。

(いや、お前誰やねん。)

藤田ニコルならぬ、西岡 ニコ志で頑張ります!

↑華麗にスルーすることをお勧めします。

 

ということでこの世に有りとあらゆる、いろんな常識を知るために

僕は、いま一人旅をしている。国内です。(いやなんの報告やねん。)

今年最後の目標は全く知らない人と行ったことない土地で年越しをすること!

 

さあ、西岡の常識ホルダーがパンッパンになるまで、

各地方に広がる偏見をこれでもかと、ゲットして

最強の常識を手に入れよう。偏見マスターに俺はなるっ!

 

 

Do action! Going my way! 西岡大志