「価値」とは何か? vol.1

https://www.youtube.com/watch?v=ol3HeIACFy0

「武井 壮」

彼の存在が現在の自分の考えに大きな影響を与えている。

まずは、僕が感銘を受けたこのYouTubeの動画を見てほしい。

30分程度あるので、時間のある時にじっくり見ることをお勧めする。

自分の価値に関して考えることができたので、

このブログに関しては、書きたいことが山ほどあるため、

3章ほどに分けて投稿していく。

「価値」とは何か? vol.1 と題したこの章では

第1章として、武井壮の考える「価値」について触れ考えていく。

(動画を見ての抜粋で武井壮さん本人の言いたいこととは伝わり方が異なる可能性がありますが、ご理解の上、熟読してください。)

目次

1、スポーツで食べていくことは可能か

2、「価値=人が求める数」

3、国立競技場を満席にできるか?

 

1、スポーツで食べていくことは可能か

 

スポーツの種目、競技レベルによって、可能である。

また、スポーツの種目、競技レベルによって、不可能である。

はっきり、可能不可能を言葉にすることはできない。

あいまいな表現にはなるが、これがスポーツで食べていけるかどうかの

真理ではないかと勝手に考えている。

武井壮が陸上競技での十種競技で日本チャンピオンであったことは

彼のことを知る多くの人が知っている情報だと思う。

だが、陸上競技という日本でもポピュラーなスポーツでトップクラスにいた

彼がスポーツでは一円もお金をもらえなかったということ。

この事実から、彼は価値とは何かを考えるようになる。

 

2、「価値=人が求める数」

 

1、で触れた内容から武井壮の名言。

「物事の価値は人が求めた数で決まる」

このことについて

① 世界最高品質の商品を作った!明らかに品質は地球1のものです。

でも誰にも告知してないので、一つも売れてません。

社会的価値は無い のではないか

② 品質は世界で10番目ぐらいのものです!でも世界中の人が欲しがる!

世界中で年間10億個売り上げます。

社会的価値は高い のではないか

①・②を例にして比較しています。

これってスポーツ選手としてのクオリティ(品質)が高くても、

そのスポーツが人(誰でもいい他人)に求められない場合、

社会的価値を生み出すことってあるの?という流れになります。

 

実際に武井壮さんが体験してきた自身のクオリティへの評価。

日本で一番になっても価値が生み出せないのか、、、。

そこから、選手の価値へと考えをうつしていきます。

 

3、国立競技場を満席にできるか?

「国立競技場が満席になっているのを見たことがない。」

陸上競技の全日本選手権が国立競技場で行われます。

陸上競技が大体25種類だと仮定します。

(仮定なので、キリのいい数字を使っています。)

その種目が男女で行われます。25×2=50種類になります。

一種目に対して大体50人の選手が出場するとします。

50×50=2500人

日本最高峰の大会に出場する選手が2500人いることになります。

国立競技場は50000人で満席になります。

(60000人程度入るそうですが、キリのいい50000人にしています。)

満席にしようと思えば、2500人が20人呼べば、

50000人は満席になるという計算になります。

でも、僕は今まで満席になったのを見たことがないと。

年に一回しかない国内最高峰のトップクラスの戦いを見に足を運ぶ人は

大体10000人程度だと言っています。

ということは、

選手一人の価値は、お客さん20人を生み出すことができない。

これが今のスポーツ界の現状であると彼は言っています。

(あくまでも陸上競技においての話です。)

 

ことサッカーにおいては、天皇杯決勝は満々満席ぐらいになるので、

この状況を考えると、今のサッカーというスポーツの発展が

いかに喜ばしいことか、そして感謝すべきことかと伺えます。

これまでのサッカーの価値の歴史を作ってきてくださった大先輩方に

感謝し、さらなる発展のために尽力していかねばと思う次第ですね。

 

今日はこのあたりで、お暇させていただきます。

次の記事予告

「価値」とは何か? vol.2

「自身の価値」を高めるために何をしたか

 

2章では、今日触れてきた内容から自分自身で考え、

取り組んできた活動の報告を誰に言われるでもなく勝手に報告します。

今シーズン途中から本気で僕が取り組んだ

「自身の価値」を高める活動の検証結果に乞うご期待。

 

今日の記事もぼくの考えが主観です。

正しいデータをもとに書いているわけではないので、

間違いや不備もあるとは思いますが、あればこっそり教えてください。

それでは!

Do action! Going my way!    西岡大志

 

 

 

 

 

 

 

 

 

百獣の王の通り名で芸能界に突如現れたモンスター。

今や彼の名を知らない人は非常に少ない。(西岡調べより h29.12.14)

今回は僕がブログを始める以前に行っていた活動。

ご存知の方も多いとは思うが、インスタグラマー活動と武井壮に

関連付けて書いていく。