明治神宮初詣テロ起きたらやばい説

ヒッチハイク

 

こんばんは。ご無沙汰しております。

まいどまいどの西岡です。

現役生活に終わりを告げた引退セレモニーの際に多くの方に

「ブログ途中で終わってますよね!」といわれました。

たしかにいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!

 

ということでですね。引退もしたことなので、これからは、指先の運動も兼ねて

ブログの更新頻度を上げていこうと思っています。

ノートも始めたので、こっちのブログはおふざけメインの自分のことが分かるようなことを書いていこうと考えています。

真剣なことはノートに書き連ねていくので、おふざけの苦手な方は閲覧を即座に中止することを推奨します。

 

というわけで、完結していないヒッチハイクのブログの続きを書いていきます。

去年の年末の話です。

時間がたっていますが全力で記憶を探りんぐりんして書きますので、細目で見てください。

 

~これまでのあらすじ~

【無計画ヒッチハイク旅 大阪~いわきFCパークまでの道のり①

【無計画ヒッチハイク旅 大阪~いわきFCパークまでの道のり】②

【無計画ヒッチハイク旅 大阪~いわきFCパークまでの道のり】③

百聞は一見にしかず、百見は一動に勝らぬ

ナンパの成功率を100%に上げる方法

ヒッチハイクは人生の必修科目

初対面の女性と年を越した話

途中でタイトル変わってますが、

ここまでを読んでいない人はぜひ、読んでからどうぞ。

 

【2018年1月1日】

さあ、あれよあれよと美女二人と濃密な夜を過ごした僕は、

未曽有の浮かれ気分でニューイヤーをマンのキツ(満喫)していた。

美女と朝マックを食べ、渋谷に移動しスターバックスに入り、

スクランブル交差点を交差する人々の数々を眺めながら、新年早々どこ行くねん。

あ、バーゲンか。バカだな。と思いながらスクランブルエッグのことを考えたり考えなかったりした。

そして、お前らはいつ観光しとんねんの日本経済を支える外国人観光客に

感謝の気持ちを肌でアピールしながら、ハチ公との写真撮影に並ぶ列に並んだ。

列をフル無視で愛する人とハグするイタリア人に憧れを抱きつつ、

ああ、僕もこんな風に生きていくほうがいいのかもしれないと思ったりもした。

とりあえず、今年も待ち続けるであろうハチ公と写真を撮ったりなんかしてそれなりに東京を感じた。

 

今年はいい年になるぞお。心の中で意気込み、そして、せっかくの年始に東京にいるし、

とりあえず、初詣行っとくかということで、普段シンプルに初詣にいかない僕が神に召され

明治神宮を尋ねる運びとなった。ここからが本タイトルの意味を最も感じてもらえる内容になる。

心してかかってください。

 

さあ、明治神宮まで渋谷からすぐやないかということで、プラッと明治神宮へ。

え?え?まじ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムスカ大佐の言葉を借りよう。「はっはっは。人がごみのようだ」

まさにこの状態だった。

まあ入り口のところから、入場に警備員めっちゃおるし、番号決められてその指示に従わないと進めないし。

アリと同時にスタートしても絶対アリの方が早くたどり着いた思う。ウサギと亀理論に新展開やでこれはまさに。

 

とまあ、こんな初詣から、やはり習慣や、しきたり、ならわし、というものの

絶対的信頼と自然とそれを信仰する日本の大きな姿を見たような気がする。

 

タイトルの通り、こんなに人が集まる場所で本間にテロなんか起こったらやばすぎるなと

勝手に思ったので、そうしました。あんまり、テロとか簡単に言うことではないのかもしれんけど、

色んな映画見たり、海外で色んな活動してる人たちから得られる情報みてたら、

日本がいかに安全で安心できる国かってのを思い知らされた感じがしている西岡です。

 

だからこそ、ではないけど、やっぱ必死に感謝しながら生きて行かねばですよね。

いやなんの話をしとんねん。

 

ということで、無事に大勢の人たちとおしくら饅頭しながら、お守りを購入して、明治神宮を後にしました。

 

そして、無計画くそ野郎なので、とりあえずスカイツリー見とくかということで、

移動しまして。あ、雷門もいっとこということで行ったけど、ここも人多すぎてムスカ大佐だったので、

チラ見して移動しました。

なんだかつかれてる顔面の西岡とスカイツリーそれと金のうんこのトリプルお写真です。

 

スカイツリーの下まで行って、感じた人生の教訓があります。

「挑戦という山は遠くから見ているものには、簡単な感想しか抱かせない。

 登ると決めて山の麓にきて初めてその大きさと困難さに気付くのである。」

なかなかええこというてんなあ。おれ。

スカイツリーってここから見ると高いなあくらいにしか思わんねんけど、

下まで行って上見ようとしたら全く先端みえへんかってん。まあ当たり前やねんけど。

 

でもこれはきっとほんとうで、

成し遂げたい目標やゴールなんてのはほかの人から見るととってもわかりやすい。

でも、いざ実際に自分がその場所のスタートラインに立たないとまったく気づけないんだよねえ。

これが俗にいう何もしてねえのに、文句しか言わん批判マンなんだよね。

くうううううううう、意識たけえええええええええええ。

幸い、僕の周りには応援してくれるひとが多くて、ラッキーなんですが。

 

ってことで、いろいろ見すぎて疲れてたら、

一本のお電話がありまして、ドラえもんからの連絡だった。

タッタラー、「大志東京いるなら、飯でも食わないかー?」

即答。「行きます―」

僕は渋谷へ戻り、球をいっぱい出したらお金が増える中毒性の高いゲームがある場所へ向かった。

 

そして、ドラえもんと合流して、なんかおいしいとこ行くぞってことで、

赤坂のお店へ向かった。まじでごちです。話しながら、色んな話を聞いた。

ブログのこと。サッカー選手のキャリアのこと。

お前のやっていることは面白いんだけど。ただの批判でしかないと。

問題提起するのはオッケー。でもそこから、なにか具体策を出すとかしないと、状況は何も変わっていない。

 

確かに。僕自身の自己満足でしかなかったなあと。

「代案無き否定を禁ず」

これもぼくの好きな言葉なんですけど、誰だって一つの意見に対して、いやそれは違うでしょってのは言える。

だけど、それがだめだというのであれば、君はどんな案を出せるんですか?って。

ここが言えて初めて、否定は成立するし、否定された側も真剣に考えなおすことができる。

これ話し合いとか議論の鉄則ですよね。

 

 

とまあ、話が脱線しまくったので、東京を走る車をご覧ください。

 

 

 

靴は走るための手段だと思ってたけど、違うみたいです。靴も自走する時代。

人間の自走にも進化が問われますね。

 

とまあそんなこんなをしていたら、時間も時間になったので、ドラえもんとお別れして、

今日のお宿を探そうということで、名古屋でネットカフェにドはまりした西岡はグーグル先生にといかけた。

「渋谷 ネットカフェ おしゃれ」

なんと最強にヒットする場所を見つけた、気に入ったのでそこに行くことにした。

 

「ハイリーファイブカフェ渋谷」の画像検索結果

気になる人は画像にサイト張ってるので適当に見てください。大人のための漫画喫茶なんだって。

本当に最高に楽しかったしキレイで最高だった最高。

 

ということで、今回の旅の目的である、体験したことないことをやっちゃおう。を最大限実現するために、

東京にくるまでに思いついていたことがある。それが農業やってみようだった。

 

千葉に住む農業を営む男性に連絡を取った。

僕「明日千葉行ってもいい?農業したいねん」

そいつ「お前はバカなのか、新年早々なにいうとんねん。まあ、ええわ。どうせ来るんやろ。」

 

すんなりオッケーが出た。なんとも俺はついている男だ。

 

 

新年早々、農業やらせてくれということで早朝に千葉へ向かう。

これこそがノープラン旅の醍醐味なのかもしれない。

 

 

さあ、千葉行きの電車の時間を調べて、西岡は深い眠りについた、、、、。

 

次回、西岡農業から何を学ぶのか。乞うご期待!

続きはこちら↓

都会の風と1月2日の土は冷たい

以下、おすすめ記事です。ついでにどうぞ。